So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

王様ゲーム 漫画と小説 ややこしいシリーズの正しい順番は? [小説]


「王様ゲーム」⇒「終極」⇒「臨場」⇒「滅亡6.08」⇒「滅亡6.11」⇒「起源」⇒「再生9.19」


これが何を書いているか分かりますか?


現在小説出版されている王様ゲームのシリーズを発売順に並べたものです。


でも、実際の時系列がどうなっているかゴッチャゴチャになりません?


今回は実際の物語が起きた順番に書き並べてみますよ。




あ、ちなみに現在漫画では「王様ゲーム」⇒「終極」⇒「起源」となっていますね。


文字で読むより展開が速いです。


でも、小説版の良いところ。


それは・・・






小説版は先ほど並べたとおり、


「再生9.19」で終了しているんですね。


つまりラストがどうなるか分かってる。




これは現在漫画を読んでいる人の


「知りたくなくて、知りたいところ」


でしょう。




誰がこんなことを起せるの?


誰が犯人なの?


どこまで王様ゲームは広がるの?


どこまで進んでも謎が深まるばかり。。。


そこに小説版がいてくれるわけですね~^^






題名にあるように時系列で物語を並べてみましょう。





「起源」⇒「臨場」⇒「王様ゲーム」⇒「終極」⇒「滅亡6.08」⇒「滅亡6.11」⇒「再生9.19」





起源は名前の通り最初にいってしまいました。


終極は思ったよりあとのほうではないんですよね。





さあ、最後を見てください。


「再生9.19」


これは同じですね。


間違いなくここで物語が終わります。





かなり批判が多いこの最終回ですが、


私としてはよくまとめたな、と思いました。





だって、かなり前半から無理な設定が多かったですもんね。


しかし、そこはSF的な非現実へ持って行きたくなかった作者さん。


あくまで科学的に解明してくれました。





答えは「●●●●」なんですものびっくり!


ネタバレが嫌いな人もいると思うんで、


この内容は別の記事に書いてみます。



王様ゲームのラストが知りたい方はこちらへ





エンターテインメント ブログランキングへ

タグ:王様ゲーム

本郷奏多出演の映画『奴隷区』 なぜ彼が選ばれたのか? [映画]


小説や漫画で人気の奴隷区(どれいく)映画化され、

キャストでは主人公の一人に本郷奏多さんが選ばれました。

物語の流れから、なぜ彼が主人公役に選ばれたのか考えてみましょう。




『奴隷区 僕と23人の奴隷』は奴隷と主人の2局を行き来します。

そんな中、本郷奏多さんが演じる役は大田 ユウガです。




このキャラクターにはある特徴があります・・・









映画で主人公となった役大田 ユウガですが、

彼は通常の物語やドラマでは到底主人公にはなれません。



何故なら、「天才」であるものの

「変態」

「嘘つき」

「負ける」

こういう要素が含まれているからです。




そして何より「残酷」な面があります。。。




奴隷にした人物(女性)の下着を履いてみたくなったり、

誰にも真実は伝えず、味方でさえ騙します。

また、非日常的な事に飢えているという根本的な性格があり、

まさに非日常のSCMに引き寄せられたという訳です。




普通の主人公は正義の味方で、何というかキラキラ光ってる雰囲気ですが、

大田ユウガは何となく淀んでいる雰囲気です。(モチロンカッコいいんですが)




さて、ここで出てくるのが本郷 奏多ということになります。




・彼はどんな雰囲気でしょう?

・どういう役をしてきたでしょう?

・ビジュアルはどうですか?




ガンツで一躍有名になった彼の雰囲気は一言で言うと『ダーク』です。

しかし、全く悪人という訳でもありません。

時には頼りになる味方としてその存在感を示します。



かといってシリアスな役だけでなく「弱くても勝てます」のように、

すこし弱いオモシロキャラもできるんです。

感情の起伏表現が上手なんですね。




まさに大田ユウガそのもの!と言っても過言ではないでしょう。

なかなか個性的なキャラが多く、それに見合った配役は難しかったでしょうが

とりあえず大田ユウガは安心して観れると思われます。




どれだけの人が見るんでしょうか。

物語の結末も気になりますね。

実はラストがどうなるか、もう書いてます。



覚悟がある方はこちらへ進んでください。






エンターテインメント ブログランキングへ

タグ:奴隷区
前の2件 | -
T

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。